エルメヒコで「テキーラ梅酒シルエラ」が販売できない理由

エルメヒコで「テキーラ梅酒シルエラ」が販売できない理由
あれ? カスカウィンのテキーラが売っているのに(しかも「テキーラおぼれ梅」が売っているのに)テキーラ梅酒シルエラが売っていないぞ? とお思いの方がいらっしゃるかもしれません。


それにはとても残念な事情があるのです。


結論から申しますと、それは「通信販売酒類小売業免許」のしくみによるものです。


現行の「通信販売酒類小売業免許」が設定されたのは、1989年(平成元年)6月1日らしいです。小規模の町の酒屋さんを守る目的で、3,000キロリットル以上の日本国内の酒蔵が製造する酒類は、この「通信販売酒類小売業免許」で売ることができないというルールになりました。つまり、大手酒販企業が通信販売を用いて全国的に独占的に販売してしまうことを避けようとしたわけです。


ですので、それ以降に税務署に申告して登録した事業者は、国内で製造された酒類を販売できず、ごくごくレアな小規模メーカーの酒類か、輸入酒類しか通信販売をすることができないのです。「テキーラ梅酒シルエラ」は、国内でたくさんの日本酒をつくっている聖酒造さんでつくっていただいたものですので、現行の通信販売免許では販売することができません。これが「テキーラ梅酒シルエラ」をエルメヒコで販売ができない理由なのです。


ところが、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、Amazon.co.jpでは「テキーラ梅酒シルエラ」は販売されています。後発のインターネット関連企業であるAmazonでなぜ販売されているのでしょうか。


それは、資本力のある企業は、新しい仕組みになる前の酒類販売免許を持っている企業を買収し、免許ごと手に入れることで、通信販売であらゆる酒類を販売することができているのです。したがって、この規制は当初の目的も果たせているか大変疑問であり、単に中小企業の機会を奪い、公平な競争を阻害する結果となってしまっているように思われます。全国的な酒類卸売会社のトップに歴代の国税庁の長官な就いていることも最近知りましたが、そういうのももしかしたら関係しているのかもしれません。


日本酒をはじめとする国産酒類の流通力・供給力を高める意味でも、いつか政治・行政が上記のゆがみに気づき、是正されることを期待しつつ、今できることは、そういった企業で販売してもらうか、酒屋さんで販売してもらうことしか我々にはできません。気合をいれて無視して販売して、お咎めがあったら法の下の平等を盾に裁判で戦うという選択肢もあるかもしれませんが…。いずれにしろ、不正な競争でない限りはそういった規制で何かを守るのではなく、前向きな企業努力を応援するような体制を整えてもらいたいものです。


というわけで、下記にAmazonさんでの販売リンクをつけますので、ぜひご興味ある方はお買い求めくださいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
日本人テキレロが製造に携わるカスカウィン蒸留所のテキーラを、群馬県産の梅に合わせて仕込みました。カスカウィンテキーラの爽やかな香りと甘み、そして梅の程良い酸味により、特徴のある梅酒となりました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


テキーラ梅酒シルエラ(白)



シルエラ「白(ブランコ)」は、あえてテキーラの味わいを残した短期熟成で度数が高めの梅酒です。ロックやソーダ割でお楽しみください。テキーラがお好きな方はストレート、あるいはカスカウィンブランコを追加する「追いテキーラ」でもお楽しみいただけます


テキーラ梅酒シルエラ(赤)



シルエラ「赤ラベル」は、3か月熟成の原酒に赤城山の伏流水で加水調整をしたものです。さらっとした飲み口の中にある梅の酸味とテキーラの風味をお楽しみください。ロックなど、冷やしてお飲みいただく方法がオススメです。

おすすめ商品

×

ランキング

  1. カスカウィン テキーラ タオナ 42% 750ml 12,650円(税込)

    1
  2. ラ・メディダ トバラ 750ml 10,857円(税込)

    2
  3. テキーラおぼれ梅(12個入) 540円(税込)

    3
  4. ラ・メディダ エスパディン 750ml SOLD OUT

    4
  5. カスカウィン アニベルサリオ 750ml SOLD OUT

    5
  6. 【満員御礼】【6月13日14時〜】オンライン・テキーラ テイスティングセミナーアニェホ限定【23名限定】 SOLD OUT

    6
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>